学びと体験で、経営者の想いとスタッフのベクトルをそろえる。ファシリテーター株式会社

Googleサイト内検索
ファシリテーター株式会社

Yahoo!ブックマークに登録

Powered by ついめ〜じ

介護職に必要な医学知識とケアのポイント

広島県キャリアアップ支援研修

本講座は、各事業所では教育しづらいとされる、介護職が知っておくべき医学、看護の基礎知識を扱います。介護は福祉や生活の視点からケアにかかわりますが、医療との連携も必要不可欠です。看護と介護の協働を機能させることを目的に、介護現場で最低原理解しておかなければいけないことを学びたい方、指導などを担当するにあたり経験を積む中であいまいになってしまっていることの再確認したい方を対象としています。

※初任者向けのため極力専門用語等を使用しないなど、キャリアをお持ちの方には物足りない内容と思われます。あらかじめご了承ください。

使用するテキストは、講師が特養施設長時代に看護師でも介護職でも共通して使え、連携するうえで必要かつ初歩的な内容をまとめた資料がベースになっています。講座修了後もそれぞれの職場で共通のテキスト、マニュアルとしてご活用いただくことを狙っております。

内容

1.介護職が医学知識を学ぶ必要性とは 高齢者の身体機能
2.高齢者の病気の特徴
3.観察について
4.バイタルサインの測り方
5.測定値の見方
6.薬の知識
7.効果を高める薬の飲み方
8.救急車を呼ぶときに、準備しておく情報
9.救急車を呼ぶタイミング
10.症状状態にあわせたケアの知識と技術

など
   使用テキスト
ここから始める介護
新人職員の指導のポイントを具体的にイラストで解説した職員指導に最適の書

講師プロフィール

大瀧 厚子(おおたきあつこ)
元・特別養護老人ホーム施設長/元・慶應義塾大学病院内科看護師/保健師/福祉施設士

新潟県出身。看護師として慶應義塾大学病院の内科病棟勤務後、地元の地域病院に勤務。
その後2ヵ所の介護老人保健施設の立ち上げに携わり、平成12年介護保険の導入と同時に、介護支援専門員として某大手企業勤務。
新規事業所の立ち上げに3ヵ所かかわった後、「社会福祉法人しただ」の居宅支援事業所の部門独立のために転職。
平成14年、同法人での特別養護老人ホーム設立に伴い、施設長に就任。現在はフリーで活躍中。


【書籍】
■介護職のための医学知識ガイドブック(関西看護出版)
■ここから始める介護(関西看護出版)
【DVD】
■新人教育の指導とポイント(関西看護出版)
■介護職に必要な医学知識とケアのポイント(関西看護出版)
■高齢者に多い疾患・緊急時の対処法と感染症予防(関西看護出版) 

概要

【日 時】2012年1月20日(金) 10:00〜16:00

【会 場】広島経済大学立町キャンパス

【受講料】無料
     ※広島県民または広島の事業所に勤務している方が対象となります。

【定 員】現地受講 :100名
     web 受講 :50名
     ※定員に達し次第受付を終了します。


Copyright(C) 2008 ファシリテーター(株) All rights reserved.