学びと体験で、経営者の想いとスタッフのベクトルをそろえる。ファシリテーター株式会社

Googleサイト内検索
ファシリテーター株式会社

Yahoo!ブックマークに登録

Powered by ついめ〜じ

介護・福祉現場の業務改善セミナー

この講座では、業務に追われない職場を実現するためのテクニック、考え方、環境の作り方、チームワークを向上させるために実際の現場で効果のあった方法をお伝えします。
 講義に加え、ゲーム形式のワークで楽しく、講義内容を体感、理解してもらえるカリキュラムとなっています。 

   仕事の負担が増している
   疲れが抜けないまま仕事をしている
   人が辞めて、補充がきかない
   指示待ち族が多い
   職場の人間関係を改善したい
         と思っているあなたに最適な内容です。

 ※また、終了後時間が許す限り個別の相談に応じます。

カリキュラム

1.「何のために」を明確にする  
・心の抵抗スパイラル
 ・目的意識の違いが生む行動の違い
 ・軸と幅の共通化

2.優先事項の決め方を共有する
 ・「重要度」と「締切」両方の視点を持つ
 ・動作レベルまで細分化する
 ・取り組みの順番

3.時間の概念を変える
 ・まず、1日5分の時間を捻出しよう
 ・段取り
 ・作業を効率化するのは

4.指示・伝達を強化する
 ・なぜ、話は伝わらないのか?
 ・ステージアップ理論と欲求段階説
 ・人は情報処理の仕方に得手不得手がある

5.人間関係をよくする
 ・なんのために注意するの?
 ・原因追及時の注意点
 ・言葉の影響力は侮れない

6.効率的な会議を手に入れる
 ・会議の前に準備してほしい大事なこと
 ・効率的な会議にするために
 ・会議・ミーティングのルール
 ・会議はスタートが肝心

7.採用プロセスを強化する
 ・自施設のウリを見つけよう
 ・ほしい人材像を明確にしよう
 ・内情をつつみ隠さずに伝えよう
 ・試用期間を必ず設けよう
 ・採用決定は現場にもOKをとろう
 









研修効果を高めるため、問題解決能力を高めるゲーム形式のエクササイズを行います。
このゲームにより講義内容を深く心で理解できるようになります。
<エクササイズ>
  ゲーム形式ワーク「スピードシェア」で   トラブルに強い心を作ろう!
開催予定などはこちらをご覧ください。

内部研修、講師派遣などはこちらからお問い合わせください。

講師プロフィール

小田 昌敬(おだ あきのり)
ファシリテーター株式会社代表取締役、
社会福祉士、元(社)広島県社会福祉士会副会長。
暗黙知共有促進ゲーム「スピードシェア」開発者。
福祉と経営、両方の視点から、個人の能力とチーム力の最適調和を引き出し、「魅力あふれ自律進化する職場」を作る専門家。
大学卒業後、紙の専門商社に入社し福祉機器販売、環境、ITと3つの新規事業を立ち上げる。
福祉機器部署時代には324件もの施設を訪問し、現場から経営者まで各層の悩みを聞き続けた。その経験に裏付けされた、アドバイス・ファシリテーションはスタッフ間の人間関係、業務を改善させ、チームワーク・職場の雰囲気が良くなると評価が高い。

Copyright(C) 2008 ファシリテーター(株) All rights reserved.